自分ごと…

どうも、えいきちです。

 

『自分ごと…』

 

『人のアラ』が気になる時ってないですか?

もぅ、どーしよーもなく気になることってないですか?

 

 

些細なことでも、

一度、気になると、ずーっと気になって、

ヤキモキして…

 

もぅ、ひどいと自分のことが手につかなくなるくらい…

 

…んで、

最終的には、相手に文句を言ってしまう。

 

『なんで、こんなこともできないんだ。』

と、

『今まで何やってきたんだ』

と…

偉そうに言ってしまう。

 

そして

最終的には

『もう、やんなくていいよ』

って、

突き放してしまう。

 

…ちょっと待ってください‼

もうちょっと

『暖かい目』

で見てあげませんか?

 

もーっちょとだけ

『見守って』

あげませんか?

 

 

相手は相手なりに

『頑張っている』かもしれないのです。

『もがいている』のかもしれません。

『試行錯誤している』のかもしれません。

 

 

ただ、それを

『うまく表現できないだけ』なんです。

 

ちょっと、想像して欲しいんだけど、

『頑張っている時』

『もがいている時』

『試行錯誤している時』

って、どんな気持ちになりますか?

こういう状況をリアルに想像できますか?

 

こういう時に

周りを冷静に見れますか?

相手のことまで深く考えられますか?

…なかなか、できないと思います。

 

ただでさえ

『自分のこと』

しか考えていないのに、

 

こういう状況で

『冷静になれる人』

ホントに少ないと思います。

 

そして、

『他人のアラが見える』

ということは、

 

実は、

自分にも、同じ『アラ』があり

自分自身もその『アラ』を気にしていて、

でも、

自分自身は、そのことを気づかずに

知らず知らずのうちに、同じことをやっている

可能性があります。

 

 

『人のふり見て我がふり直せ』…

『反面教師』…

 

ありきたりなコトバですが、

ホントにその通りなのです。

 

自分の見える世界は、自分自身を投影している…

『鏡の法則』

なんてことも言ったりしますね。

 

 

人の『アラ』が目について、

どうしても気になってしまう時は

 

 

一度冷静になって、

自分自身を見つめ直してください。

 

今の自分だけでなく、

過去の自分も思い返してみてください。

 

『…あっ。』

ってなりますよ(笑)

 

そうそう、その感じw

 

そして、相手の『アラ』が可愛く見えてきます。

『そーいえば、俺も同じことをやってたな』

って…

 

ここに気づければ、

自然と相手にかけるコトバも変わっていきます。

 

 

『人のアラ見て自分と向き合え』

ぜひ試してみてください^ ^

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください