あなたも『ココロの闇』と向き合い、本当の自分を見つけませんか?

どうも、えいきちです。

 

あなたは、

自分自身の嫌いなところ

ってありますか?

 

いきなりわかりづらいかもしれませんね。

 

例えば、

誰もが持っている

『負の感情』

『負の思考』

といったネガティブな部分…

 

…『ココロの闇』

 

と僕は言っています。

 

 

 誰もが、

あまり触れたがらない

目を向けたくない部分です。

 

 

例えば

人間関係に悩んでいる人は

『どうせ俺なんて誰からも認められないのさ』

とか、

『俺のことなんて誰も理解できないのさ』

など…

 

『どうせ自分なんて…』

というネガティブな感情の

『ココロの闇』

を持っています。

 

 誰にも見られたくないような

『ココロの闇』…

 

こういう感情は

知らず知らずのうちに持ってしまっていて

 

そして、

自分自身、気付いていなかったり

また、忘れてしまっていたり

する場合があります。

 

また、気付いていたとしても

見ないふりをしていたり

隠そうとしたりします。

 

ですが…

実はこの

『ココロの闇』…

周りの人には大抵気づかれています

気づかれていないと思っているのは本人だけなんです。

 

『ココロの闇』は

自分自身の深層心理に

根付いてしまっているモノなので

 

知らず知らずのうちに

『行動』に現れてしまっているのです。

 

また、厄介なことに

隠そうとすればするほど

表に出てきてしまうものなのです。

 

『周りの人には気づかれている』

と言いましたが、

 

反対に周りの人の

『ココロの闇』

も見えてしまうのです。

 

『なんであんなに理不尽なんだ。』

『あの人は遅刻癖があるな』

『すぐに嘘をつく癖があるな』

など…

 

このような他人の嫌な部分…

他人の認めたくない部分…

 

見えたことないですか…?

 僕には見えてしまいます。

 

こういう部分って

見えていても、あまり直視したくないですよね。

相手のことを指摘したくないですよね。

 

このように、

相手の嫌な部分は見えてしまうのですが

 

相手の嫌な部分…

相手の『ココロの闇』というものは、

実は、

自分も持っているモノなのです。

 

『他人は鏡』

なんていうコトバがあるのですが、

自分自身を投影しているのです。

 

『理不尽』

というものが見えるのは

実は、密かに、自分だけが得をしたいという気持ちの表れです

 

そして、

そんな『ココロの闇』を

以前、僕は持っていました。

 

『遅刻癖』

が見えるのも

僕も時間にルーズだったからなのです。

 

『すぐに嘘をつく』

ということも、

『都合が悪くなると嘘をついてごまかそうとしていた』

という過去があったから見えてしまうのです。

 

このように

『ココロの闇』は

気づかれていないと思っているのは本人だけで

周りの人には気づかれてしまっているのです。

 

そして

『ココロの闇』と

どう向き合っていくか?

ということなのですが、

 

隠そうと思っても、出てきてしまう。

 

じゃあ、

『ココロの闇を無くせばいい』

ということでもないのです。

 

『ココロの闇』は無くならないのです。

 

隠すのでも、無くすのでもなく

『ココロの闇』と向き合う

事なのです。

 

『ココロの闇』に

直視してしっかりと向き合う事で

 

『ココロの闇』を

活かすこともできるのです。

 

では、

『ココロの闇』とどう向き合うのか…

ということを書こうと思ったのですが…

 

なんだか長くなってしまったので、

次回に譲りたいと思います。

 

今日も 最後まで読んでいただきありがとうございました。

えいきち

 

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください