常に冷静になれる『神の視点』を手に入れる

どうも。えいきⓒです。

 

前回、『三つの視点』

の中に

『神の視点』

なるものが登場しました。

神

今回はこの

『神の視点』

を鍛えていきます。

 

 

『神の視点を極める』

 

『忙しい時…』

『焦っている時…』

『追い込まれている時…』

『怒っている時…』

『悲しんでいる時…』

 

 

このように余裕がない時って

 

 

『正しい判断』

『いい決断』

ができないコトが多いと思います。

 

 

『正しい決断』

ができない故に、間違った方向に進んでしまい、

 

結果

『失敗に終わってしまう』

なんで経験のある方もいるんじゃないでしょうか。

 

 

 

できれば、

常に

『正しい決断』

をしていきたいですよね。

 

 

人は、

『余裕がない時』

どうしても、周りが見えなくなってしまいます。

 

自分の殻に閉じこもってしまいがちです。

多角的に物事を捉えずらくなっているのです。

 

 

そんな時に、この

 

 

『神の視点』

 

を使ってほしいのです。

 

『神の視点』という『スキル』を身につけてほしいのです。

 

 

では、どうやったら身につくのか?

 

 

 

妄想してください…

 

少し、妄想してほしいのですが…

 

 

自分が忙しそうにしている時、

それを同僚が見て、手伝ってくれた…

 

相手はどんな気持ちだったのでしょうか?

 

きっと、冷静に、周りを見て、

忙しそうなあなたのトコロに手伝いに来たんじゃないでしょうか?

 

 

 

焦っている時…

誰かに、

 

『落ち着いて!』

と、一声かけられた…

 

相手はすごく冷静に対応していたと思います。

 

 

自分が気持ち的に追い込まれている時…

誰かが相談に乗ってくれた…

 

相談相手は、落ち着いていたんじゃないですか?

 

 

自分が怒って感情的になっていた…

そんな時、

誰かがなだめてくれた…

 

相手は、落ち着いて、あなたの言うコトを聞いてくれたと思います。

 

 

悲しい時

誰かが慰めてくれた。

 

相手は、あなたのコトを気遣ってくれたと思います。

 

 

 

 

ちょっとづつ見えてきたでしょうか?

 

 

『神の視点』…

 

『第三者的』な立場で物事を見る

ということです。

 

自分ではない、他の誰かが、

冷静に

落ち着いて

 

あなたのコトを見ている

 

 

そんな感覚です。

 

 

これを、誰かにやってもらうのではなく、

 

あなた自身が

『神の視点』

を身につけることで、

 

余裕がない時も、冷静に自分のことを見ることができ、

 

 

『正しい判断』や『いい決断』を下すことができるのです。

 

 

これは、すぐにできるものではなく、

常に

『神の視点』

を意識する必要があります。

 

 

…常にです。

 

余裕がない時に、いきなりやろうとしても、さらに余裕がなくなります。

 

むしろ、できないでしょう。

 

 

常、日頃から、

自分のことを

『神の視点』

を使って冷静に分析するのです。

 

イメージとしてもは、

自分自身の『神』になる事

 

自分の事を上から眺めているイメージ。

俯瞰して見るという事です。

 

 

考え方のコツは…

 

『今、自分はどのように周りから見られているのだろう…』

『今、自分はどのように周りから思われているのだろう…』

『今の自分の行動は周りにどういう感情を抱かせているのだろう…』

 

 

いつでも、

『冷静に』分析するのです。

 

 

この意識して生活することで、

 

『いざ!!』

という時に、

冷静で余裕を持った対応ができるようになります。

 

 

ぜひ、『神の視点』を養っていきましょう^ ^

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください