あなたの可能性を拓く『無数の選択肢』に気づく

どうも、えいきちです。

 

『選択肢に気づけてますか?』

自分の内側にある無数の

『選択肢』

に気づいていない人が多い気がします。

 

 

『あなたはどうですか?』

 

 

目の前にたくさんの

『選択肢』が

 

成長のきっかけになるような

『選択肢』が

 

夢や目標を叶える為の

『選択肢』が

 

ごろごろと転がっているのに

 

気付いていなかったり…

見て見ぬ振りをしたり…

面倒くさくて、スルーしてしまったり…

 

僕は、

基本スタンスとして

『誰が何をやってもいいと思ってます。』

 

むしろ、

自分が本当に

『やりたいこと』

を思いっきりやるべきだと思います。

 

もっと、探求して、やってイイと思ってます。

もちろん、周りに迷惑をかけない範囲で…ですが…

 

当然、『やらなくてもいい』…

ってゆー選択肢もあります。

 

自分の人生に必要なければ、

あえて『やらない』という選択肢も、あります。

そこは、無理して、やる必要ないですよね。

 

だけど、

後輩とかを、傍からみていて、

『次に進むのには、これはやらなきゃダメでしょ?』

 

ってゆーことを、

躊躇してできない…

面倒だからやらない…

気が進まなくてやらない…

 

そんな場面をよく見ます。

 

 

余計なことを考えすぎて、

結局、いつもと同じ生活の日々

 

行動できずに

新たなチャレンジもせず

何も変わらない…

 

…でも、少しでもいいから、前に進みたいですよね?

昨日より成長していたいですよね?

 

 

そのために、

身の回りにある

『選択肢』

に気づく必要があります。

 

いつも、見て見ぬ振りをして、

『スルー』している

『選択肢』に気づく必要があります。、

 

ホントはチャンスなんてゴロゴロ転がっているんですよ。

気づかないだけ。

気づこうとしないだけ。

 

 

今、目の前にあるもの

目の前に見えるものを

結果とか、ごちゃごちゃ考えずに

 

直感で、

まずはやってみる

とりあえずやってみる。

とにかくやってみる。

とことんやってみる。

 

 

最初は気が進まなくても

動くことで、

さらにたくさんの

『選択肢』

に気づくことができるし

 

動くことで

『未来への可能性』が開かれます。

むしろ、動かなければ何も変わらない。

 

 

『何もしないのは空気と一緒』

自分という『存在』を動くことで、

周りに認識してもらう必要があります。

 

そこに、いるのか?いないのか?

がわからなければ、

周りも、

『どうすればいいのか?』

わからないし、

 

『何をやりたいのか?』

もわからないし

これじゃぁ、何もやりようがありません。

 

自らアクションを起こすことで、

それに周りが反応して、

新たな視界が開けるのです、

新たな無数の『選択肢』が生まれるのです。

 

 

ハナっから誰かに期待している人…

『誰かが自分のために動く』と思って待っている人…

『誰かが変えてくれる』と思っている人

 

自分の外側に『選択肢』を求めている人もいますが、

 

そんな『選択肢』

全て捨てちゃってください。

 

 

あなたは誰の人生を生きているんですか?

あなたの人生はあなたのものですよね?

あなたの人生の主役はあなた自身です。

 

あなたが成長するためには、

あなた自身が動かなければいけないし、

あなた自身の行動によって、

あなたの『未来の可能性』が拓けるのです。

 

あなた以外の人が行動しても、

あなたは何も変わりません。

 

 

とにかく

『小さな一歩』

 

なんでもいいから、

『小さな一歩』を踏み出すことで、

必ず成長することができます。

 

あとは、

『積み重ね…』

一歩一歩の歩幅は小さくても、

百歩、歩いて振り返ってみたとき、

成長を実感できるはず。

 

充実感が生まれるし

自信にもなります。

 

どうせ生きるなら

たくさん成長して

たくさん進化して

多くの人に『いい影響』を与えられるような人間になりたいですね^ ^

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください