『流れ星に3回願い事をすると、叶う』って、今でもあなたは信じますか?

どうも、えいきちです。

 

今回の記事では、

知り合いの起業家様(Tさん)のエピソードが凄く感動したので

シェアしようと思います^ ^

 

 

ある平日の、夕方…

Tさんが電車に乗っていると

小学生の男の子が三人、

乗ってきました。

 

五年生くらい…

 

そのうちの1人、

A君が『熱く』語っていました。

『なぁ、知ってるか? 流れ星が消える前に願いを三回言うと 夢が叶うって。』

 

他の二人は全然信じていません。

B君『そんなわけないじゃん』

C君『何言ってんの?無理だよ』

でも、A君は続けます。

『ホントだって!!』

『だって、流れ星に、三回もお願いできるくらいその夢のコトを常に考えているんだぜ!!』

『叶わないわけない!!』

A君が熱く語ってたそうです。

 

 

TさんはA君が熱く語っている姿に感動して

おもわずアイスを奢ったそうです。

 

 

『流れ星に願いを三回言うと夢が叶う』

少々、オカルトチックな感じですが

どれくらいの人が信じているでしょうか?

 

小さい頃…

みんなが信じていたし、

流れ星に願いを言っていたと思います。

 

だけど、

大人になるにつれて、

『現実』を突きつけられて、

夢を失っていく…

 

『そんなのは迷信だ』と…

 

 

果たして、本当にそうなのでしょうか?

確かに、流れ星に三回、願い事を『言うだけ』では叶わないかもしれません。

いや、それだけでは、叶わないでしょう。

 

夢が叶わないのは、結局、

『言うだけ』でなんでも叶ってしまう。

という『思考パターン』になってしまうから。

流れ星に『お願い』するだけで、あとは、

行動も何もしないで、

天から望むものが降ってくる。

と思ってしまっているから。

 

だから、

結局『願い』は叶わず、

大人になるにつれて、

夢を諦めてしまうんですね。

 

でも、そーじゃない。

 

そーじゃないんです。

 

A君が言ったように

夢を叶えるために

流れ星にいつでも、3回お願いできるくらい

夢のコトを『常に』考えていれば

 

たとえ、

流れ星に三回お願いできなかった、としても

 

夢を叶えるための

思考が紐付くし

そして

思考から行動に紐付き

夢を実現するための、『行動』をするから夢が自然と叶ってしまう。

 

こういうプロセスで『夢』が現実になるんですね。

 

 

ここで大事なのは、

流れ星に夢を3回、言うことではなく、

流れ星に夢を3回言えるくらい、

夢に対してアツい気持ちをもって、

夢を実現するための『行動』をずっと考え続け、

そして、

夢を実現するための『行動』をしっかりやる。

ことで『夢』は必ず叶います。

 

今回、小学生のエピソードを聴いて、

今一度、

『夢』を持ち、

そして

『夢』を想い続けることの

大切さを学ばせていただきました。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください