『奪う』側から、『与える』側へ…

どうも。えいきちです。

『奪う』側から『与える』側へ…

最近、

同僚の『グチ』を聴くコトがありました。

 

 

仕事ができない後輩がいて、

 

『何度言っても理解してくれない。』

『言ったことをやってくれない。』

『そもそも仕事のスピードが遅い。』

 

『やる気ないんじゃないか…?』と…

 

 

結局、仕事が自分のところに全部回ってきて、

自分で、やらないといけなくなってしまう。

 

 

んで、

それだと、自分でやった方が早いから

最初から、後輩に仕事を回さずに、

 

全部、仕事を

『奪って』

後輩が仕事を出来ないということを

見せつけてやりたい。

 

…と、おっしゃっておりました。

 

 

でも、

『いやいや、ちょっと落ち着け』と、

『なんで、そんな発想になっちゃうの?』

と思わず言っちゃいました。

 

 

確かに、

後輩が仕事を出来なくて

イライラしてしまうのはわかる…

 

よ~く、わかるんだけど、

 

でも、

出来なくて当たり前だと思うんですよね。

後輩ができないのはしょーがない。

 

 

後輩を育てるのが、

先輩の仕事でもあるし、

 

後輩を育てることができなければ、

自分達も絶対に、

成長はできないです。

 

 

 

『後輩ができない』

ということに対してイライラするのではなく、

 

『出来なくて当然』で、

それを受け入れた上で、

 

『相手がどうすれば、できるようになるのか』

を考えた方が、

お互いのためになると思います。

 

 

『奪う』のではなく

 

『相手の可能性を拡げてあげる。』

『相手の可能性を拓く』ことをとにかく考える。

 

この視点を持つことが大事だと思います。

 

 

成長って、人それぞれ、スピードが違うし、

同じ学びを受けっとっていても、

 

『10』のことを教えて、『10』を受け取る人

もいれば、

『10』を教えて『6』しか受け取れない人

もいますし、

『5』しか教えてなくても『10』を受け取る人もいるのです。

 

 

これだけ、

人によって『受け取り方』が違う。

そして

成長スピードも違う

ことをしっかりと受け入れた上で、

 

相手に合わせて指導していく。

 

そして『奪う』のではなく、『与える』

 

『相手の未来に可能性を与えられる』

そんな指導者になりたいですね。

 

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください