捉え方を変えて『努力』を『幸せ』にしませんか?

どうも。えいきちです。

 

いきなりですが…

あなたは、今『幸せ』ですか?

 

 

どんなときに幸せを感じますか?

遊んでいる時?

楽しい時?

笑っている時?

美味しいものを食べている時?

愛を感じた時?

 

 

『確かに幸せだ…』

どれも幸せを感じます。

 

一時的だけど、幸せに感じる瞬間ですね。

 

それで…

幸せな時間って、もっとたくさん欲しいですよね。

ずーっと幸せを感じていたいですよね。

いつまでも幸せでありたいですよね。

 

世の中が、幸せで溢れていれば嬉しいですよね。

 

 

でも、幸せな時間って、

そう長くは続かないし、

あなたも、それに気づいていると思います。

 

ってか、

『幸せの定義』自体、曖昧じゃないですか?

 

そもそも、幸せに感じることって

人それぞれ違うと思うんです。

 

では…

『あなたはどんなことに幸せを感じますか…?』

ちょっと考えて欲しいんだけど…

 

『自分の成長を感じた時って幸せですか?』

『何か、目標をやり遂げた時って幸せですか?』

 

…いかがでしょうか?

 

僕は幸せだと感じます。

 

僕の関わった人の成長を感じた時にもすごい幸せを感じます。

後輩の成長が見られれば嬉しいし、

息子の成長なんか見ていると嬉しくなりますね^ ^

 

じゃぁ、

成長するためにはどういう過程を経て成長したのでしょうか?

何もせずに成長したのでしょうか?

 

例えば、

テスト…

良い点を取るにはどうすればよいでしょうか?

 

勉強したと思います。

 

もっといい点を取りたい…

もっと、もっと勉強したはずです。

いい点を取るために、

これまで『努力』して勉強をたくさんしてきました。

 

 

そぅ、

『努力』してきたんです…

 

とにかく『努力』です。

 

急に、

『嫌な単語が出てきたな…』

と感じる人も少なくないかもしれません。

 

いやいや、

『努力』を嫌いになる必要なんてないんです。

 

ここでは

『努力』に対する考え方を変えて欲しいんですね。

『努力』=地味、ダサい、大変、ツラい事…

ネガティヴに捉えている人が多いのかな…? 

と思います。

 

でも、

そんなものは、すべて幻想なんです。

これまで、生きてきた中で植えつけられてきた洗脳なんです。

 

 

だって、たくさん『努力』した先に、

大きな喜びや楽みが待っているんですよね。

 

 

幸せそうに笑っている自分がいるじゃないですか?

 

 

達成した時のことを考えて、

やり続ければ、

幸せな自分を想像して、

やり続けることができれば、

 

もうそれは、

 

 

『努力』じゃなくて『幸せ』じゃないですか?

 

『努力』しているところを誰かに認めてもらう必要もないし、

他人の評価なんて気にならないし、

変に『頑張ってるぞ』アピールなんていらないですよね。

 

『努力、カッコ悪い』

とか、思っていたり、

言ったりしている人が逆にかわいそう。

 

だって、努力しないんですよ

努力できないんですよ。

ということは成長しないってことです。

 

むしろ

『努力できること』に幸せを感じることができれば、

もう、それは目標を達成しているんだと思います。

 

 

努力することが幸せなら、

僕は『努力の天才』になりたいと思っているくらいです。

 

努力は『努力ではなく幸せ』

 

あなたも『努力』の捉え方を変えて本当の

『幸せ』を手に入れてみてください^ ^

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください