コツコツ、こつこつ…『考察能力』を高めていく。

どうも、えいきちです。

 

…ふと、思い返すと…

今日、1日を思い返してみるだけで、

いろいろな経験をしたと感じます。

 

あなたは、いかがだったでしょうか?

どんな一日を過ごしましたか??

 

 

毎日と変わらない退屈な1日でしたか?

それとも

『チャレンジ』や『試練』の連続の1日でしたか?

 

いつもと変わらなかったとしても

いつもと『違う視点』をもって楽しみを見出せれば

1日が充実しそうですよね。

 

そして、

『チャレンジや試練がたくさんあったな~』

と感じた時…

めちゃめちゃ、チャンスです

 

『何が…』

って?

 

自分自身の成長です。

 

『今日も大変な1日だったな~…』

ビールを呑んで終わらせるのではなく、

 

ぜひ、

『考察能力』

を身につけてほしいと思います。

 

もし、たとえ退屈だったとしても

 

こ―ゆー時でも…

こーゆー時こそ、しっかり考察してほしいと思います。

 

『なんで退屈だったのか?』

自分が勝手に『退屈』に感じていただけで、

チャレンジを怠っていたんじゃないか?

 

あの時、あの仕事に手を出していたら

いつもと違っていたんじゃないか?

 

新たなスキルを手に入れるチャンスを

見て見ぬ振りをしてスルーをしていたんじゃないか…

 

結局、守りに入っていただけなんじゃないか?

 

 

…なんだか、いろいろと出てきてしまいましたね…

こんなこと聴くと、なんだか耳が痛くなってしまうんだけど…

 

実は…

お恥ずかしながら、

これは、僕の実体験でもあります(苦笑)

 

なにもかもがうまくいかないときに…

人生を『退屈』に感じていた時…。

『なんでかなーっ』て

真剣に考えてみたんですよ。。がっつりと。

そしたら、答えが出て来たんですよね。

 

結局、自分がやらなかっただけ。

やろうとしなかっただけ。

 

んで、

チャレンジや試練に感じている時も一緒です。

 

退屈な時と違うのは

『相手がいる』

ということじゃないでしょうか?

これだけだとわかりにくいので、

これから説明していきます。

 

 

退屈な時でも相手は関わっていますが、

それは、

小さな関わりです。

 

退屈=行動をしていない

ということが言えますが

 

逆に、

チャレンジや試練=行動している

ってことが、言えます。

 

で、

行動しているということは

行動した先に

『相手がいる』

ということですよね。

 

ということは

行動したことで

『相手に与える影響』

を考察する必要があります。

 

 

行動したことで

『相手はどう思ったのか?』

『相手は何を感じたのか?』

『相手はどう返したのか?』

 

行動した先に、自分が相手に与える影響を

一つの一つ考察することで

 

『良い行動』

『悪い行動』

が見えてきます。

 

悪かった部分は

なぜ悪かったのかを考えて直せば良いし

 

良かったとしても、

もっと良い方法がないかを細かく分析する。

 

 

このように

『考察能力』

を付けていくことで

自分自身の成長は確実に加速します。

 

が、この『考察能力』…

『その場』だけになってしまっている場合が多々あります。

大きな、インパクトのあるチャレンジなら覚えているのですが、

何でもない日常を、わざわざ、考察なんかしないですよね?

 

でも、これじゃー、なかなか、現実を変えて行くのは厳しいもの…

 

ココでの

ポイントは『習慣化』です。

 

こういうことって

相当『面倒』だし『かっこ悪い』

というイメージが少なからずあります

 

だから、やらない人がほとんどです。

 

 

ここが分かれ道…

みんながやらないということは、

自分一人がやれば、アタマ一つ抜けるチャンスです。

 

こんな小さなことで、

大きく自己成長ができるなら

 

時間の投資』という視点から俯瞰してみても

費用対効果としては、

かなり効率が良いといえるのではないのでしょうか?

 

 

ぜひ、1日の出来事を考察して、

大きな学びに変えていきましょう^ ^

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください