ちょっとした気遣いで…

どうも、えいきちです。

 

『ちょっとした気遣いで…』

 

最近、心温まるお話を聞きました。

 

既婚の同期がいるのですが、

ここ何年か、

夫婦仲がとても悪いそうです。

 

会話もほとんどなくて、

何かしゃべりかければ、喧嘩になる…

 

そのことで、同期はずーっと悩んでました。

 

いつもはポジティブで明るいヤツなのに

家庭の話になると暗くなってしまうという…

 

『あー、なんで結婚したんだろ』

 

『あいつの全てが気に入らない』

 

『なんで、俺がこんなに働いて大変なのに

向こうは遊びまくってんだよ。』

 

『帰ってからメシ作んないといけないから…』

 

『もぅ、離婚したほうがイイんじゃないか…』

 

などなど…

挙げればキリがないくらい。

ホントに深刻でした。

 

その同期は、

真面目で、素直なヤツなんです。

 

そんな状況を改善したくて、

いろいろな人に相談していて、

でも、

納得いく答えは出なかったそうです。

 

 

…で、

最近、珍しく同期が体調を崩しました。

 

 

帰り際、LINEで奥様に

『今日、体調悪いんだよね』

と送ると

 

『そうなんだ。じゃぁ、おかゆ作って待ってるね』

と返ってきました。

 

家に帰って、お風呂から出ると、

 

あったかい玉子粥

シャケハラスが用意してありました。

 

『身体、大丈夫?

    シャケがしょっぱいからおかゆは味つけてないよ』

と…

 

今まで、そんなことをしてもらったことがなくて、

凄く心に沁みました。

 

そして、いろんなことに気づかされました。

『今まで、俺はコイツの悪いところしか見えてなかった。』

 

『俺が調子悪い時にこんなにも気遣ってくれているのに、

   俺は、コイツのイイところを見てあげられなかった』

と。

 

同期がアツク語っているのを見て、

僕は凄い嬉しくなりました。

 

 

共働きが当たり前のこの時代。

 

男は仕事

女は家事、子育て

 

という時代はもう終わろうとしている、

いや、終わっているのかもしれません。

 

男でも女でも個人が尊重される時代。

 

でも、男の僕らからすると、

なかなか古いパラダイムから抜け出せません。

 

でも、

時代が変われば、それに合わせて、

考え方や、やり方も変化していきます。

それを受け入れて、進化、成長していく必要があります。

 

 

同期夫婦

これをきっかけに

また、お互い尊敬しあえる良い夫婦になってもらえればと思います^ ^

 

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください