『可愛がられる』というスキル

どうも。えいきちです。

 

『可愛がられる』というスキル

まずは…

超基本的なコト…

『ど基本です』

 

『おはようございます。』

『お疲れ様です。』

『ありがとうございます。』

『すみません。』

『いただきます。』

『ごちそうさまです』

 

いつも、元気で、明るく、笑顔

 

…できて当たり前ですよね。

みんな、

アタマでは、わかっているはずなんです。…

 

だけど…できない人…

とても多いですね。。。

 

 

 

実は…

昨日…、

大遅刻してきた後輩くんがいたのですが…

挨拶もせず…

何も言わずに職場に入ってくる…

 

『申し訳なさそう』にはしているけど、

 

『遅刻して、すみませんでした』

とか言えないのかな…

って、思ってしまいました…

 

上司に怒られていたので、

その時は、何も言いませんでしたが…

 

 

そして、お昼休憩も普通に行って、

しかも、ゆっくり帰ってくるという

『超マイペース』さ…

 

 

なんで、こういうコトが普通に出来てしまうのでしょうね…。

 

 

『学校じゃねぇぞ、ここは』

って感じです…

さすがに、注意しましたが…

 

遅刻したコトは、しょうがないですし、

誰でもするコトだから別に構わないのですが、

 

その後の『対応』の悪さ。

 

『あやまれない』

遅刻した『遅れ』を取り戻そうともしない…

 

もぅ、挙げだすとキリがないのですが…

 

 

これは、

『人と関わる力』

が不足しているのかなと思います。

人と

『コミュニケーション』

が取れないのです。

 

育った環境なのか、性格なのか…

『人と関わるコト』

から逃げてきたんだと思います。

 

それが、なんとか通用するのは、

学生時代まで…

社会に出たらそうはいかない。

 

これから、仕事をしていく以上は、

誰かと関わっていかないと

立ち行かなくなります。

 

 

ここで大切なのは、

『人から可愛がられる』

という視点です。

 

これさえあれば

たとえ、仕事ができなかったとしても、

必ずいい方向にいきます。

 

 

『挨拶する』

のはもちろん当たり前なのですが、

 

大事なのは、

『気を遣う』

しかも高いクオリティーで。

 

相手が今、

『何が欲しいのか?』

を瞬時に察知して、

それを差し出してあげる。

これは『物』でも『情報』でも…です。

 

何か仕事を頼まれたら、それを忠実に行う。

そして、必ず結果報告する。

 

わからなコトがあったとして、

すぐには聞きに行かない。

必ず自分なりに考えた上で、

お伺いを立てる。

 

全部、基本的なコトです。

これの根底にあるのが、

 

『人から可愛がられる』

視点であり、

『相手を想いやる気持ち』です。

 

相手を想いやる気持ちがあれば、

『自分が何をやるべきか?』

が見えてきます。

 

 

想像力を働かせて

『相手が何を求めているか?』を考えるのです。

 

これは、

相手を常に観察していれば

自然とわかるようになっていきます。

 

相手によって、

クセや特徴がありますからね。

 

だから、

すべての人に同じ対応していてはダメということ。

 

相手によって

『考え方』

『感じ方』

『捉え方』

『性格』

は当然違います。

全く同じ人なんか存在しないですよね?

 

そこに本当の意味で気づいて、

相手に合わせた、その人だけの対応をしていくことで、

自然と相手から好かれます。

 

そのために、

徹底的に『相手のことを知る』

そして、『相手が本当に欲していることをする』

まずは、ここを固めていきましょう

 

『人から可愛がられるスキル』

ぜひ身につけてください^ ^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

 

えいきち

 

このブログの目的は、

『尊敬される男』になること。

 

自分の魅力を最大限に高めて

関わる人を巻き込み、導いていく

『リーダー』になること。

 

あなたの大きな可能性を引き出し

あなたに変化を起こすブログです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください