『一生』続くもの…

どうも。えいきちです。

『一生』続くもの…

 

『仕事は10年で覚えられる。

                      でも、人を育てるのは一生続く』

 

 

僕が、料理の仕事をはじめてから間もなく、

親方にこの事を教わりました。

 

教わった当時…

『そうなんだー』

と軽い気持ちでしか、

思っていませんでした。

 

当時は後輩もいなかったし。

教わる立場だったし。(だと思い込んでいた)

とにかく仕事を覚えよう、としか思ってなかったし…

 

 

自分の事にしか、

目を向けられていない状態でした…

 

『自分の為に仕事をとにかく覚える』

というスタンスでいました…

 

ホント、自己中ですよね…。

今、思うと恥ずかしい…

 

 

で、

当時は、『人に教える』なんてことは、

考えていなかったし、

教えること自体、得意じゃなかった…

 

だって、面倒くさいじゃないですか?(笑)

 

もともは、人と関わることや話すことが好きじゃなかったので

教えること自体ずっーと避けてきました。

 

 

…が、

仕事を始めて、5年…

後輩ができたんですよ…

 

そう…

後輩ができてしまったんです…

 

 

嫌でも教えないといけないじゃないですか?

 

毎日が、試行錯誤…

 

これまで

『教える』

なんてことを考えてこなかったので…

 

 

『言いたいことがちゃんと伝わらない…』

『教えたのにできない…』

 

 

『う〜ん…なんでだ…?』

 

当時は本当に悩みました…

 

だって、

自分が教わった通りに教えているのに

相手はできないんですよ…

本当にもどかしかった…

 

『なんで、できないの?』と…

 

でも、

教える相手に合わせる必要があったんですね。

 

 

自分と相手は違う

同じ教え方でも人によって

感じ方、伝わり方、が違うんです。

 

だから、

教える相手によって、

教え方を変える必要がある…

 

ホントいろいろ試しました…

 

手取り足とりやったり、

紙に書かせたり、

課題や宿題を出したり…

やる気が感じなければ怒ったり

わざと口をきかなかったり、

 

いろいろやった中で、

見えてきたもがもちろんあります。

 

いろいろ経験してきたことが

確実に自分の糧になっています。

 

 

 

『人を育てることは一生続く…』

今でこそ重く受け止めることができます…

 

学ぶ段階において、

最初から

『誰かに教える』

という前提で学んでいれば、

より深い学びを得られるし、

 

実際に教える立場になったときでも、

堂々と、相手に教えることができます。

 

まさに

『教育者マインド』

ですね。

 

 

『仕事は10年で覚えられる。

                       でも、人を育てるのは一生続く』

 

最近になって、ようやく、

この事が腑に落ちてきました。

 

 

これまで、

本業である、料理以外の事にも、

いろいろと目を向ける事ができて、

そして、勉強してきた事で理解が深まったのだと感じてます。

 

 

これからも、

『教育者マインド』

を常に意識して、

 

周りの人に成長してもらう事で、

自分自身も成長していきたいです。

 

『教育者マインド』によって

何より一番、成長するのは自分自身ですから。

 

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

えいきち

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください